健康を保つ

予防歯科を活用しよう

歯科医院は歯が痛くなってから通うものとして利用している方も多いのですが、痛みを感じてからでは治療そのものに時間がかかったり、体に負担となることも多いにあります。歯が痛くなってからではなく、常日頃から歯科医院を利用し、定期検診を受けることが重要なのです。 歯科医院では常時、歯科検診を受け付けています。予防歯科として専門の診療科目を掲げる歯科医院もありますが、一般的なクリニックでももちろん可能です。口腔内のチェックのほか、歯磨き指導などが主な項目です。丁寧に歯を磨いているつもりでも、磨き方次第では全く意味をなしていないということも多いものです。そのため、そのため、子供だけでなく大人でも歯磨き指導を受ける意味は大いにあるのです。

歯のクリーニングも効果的

歯科医院を受診した際に、歯にこびりついた汚れがもとでできる歯垢や歯石がある場合は、歯のクリーニングが効果的です。歯垢や歯石をきれいに落としてもらうことができ、歯の表面をはじめ、口腔内全体がすっきりします。歯垢や歯石は虫歯や歯周病の原因ですので、定期的に専門的な治療で落としておくことで、今後の予防にもなります。 口腔内の病気予防に効果的であることから、歯のクリーニングには健康保険が適用されます。負担割合によって費用が異なりますが、3割負担の方ですとおおよそ3000円程度で受けることができます。虫歯になった時の治療費やその痛みを考えると経済的という見方もできるでしょう。数年来クリーニングを行っていないという方や口腔内の状態によっては、複数回クリーニングに通う必要があるというケースもあります。

Copyright © 2015 いつまでも健康で美しい歯を保つためにはどうするべきか All Rights Reserved.
Designed by:www.alltemplateneeds.com Images from: http://wallpaperswide.com www.photorack.net