傾向

革命的なホワイトニングの誕生

歯の黄ばみの問題は古くから多くの人達を悩ませてきました。日常的に口にするワインやカレーはそれだけで歯の白さを汚してしまいますし、なかには遺伝的な問題で生まれながらにして歯が黄ばんでいる方もおられます。 こうした方々の悩みに応えるように、ホワイトニングの研究は1844年から始められました。 1970年頃に開発されたホワイトニング方法は、まだ人体に多大な悪影響を及ぼしていましたので、実用的な技術ではなかった事が分かります。 こうしたホワイトニングの歴史は1980年代に変わり始め、効果的なオフィスホワイトニングの方法が生まれた事が分かっています。 現在ではホワイトニングは身近な歯医者で広く一般的に行なってもらえる治療法になっています。

フォローが欠かせない大切な治療

近年のホワイトニングは、患者様の要望に応えて、絶妙な単位で歯の色を調節できるようになっています。歯の白さは人間の肌の白さにも大きく関わっていますので、審美的な観点からできるだけ違和感のない色にしたいものです。そうした患者様の希望に副う形で、歯医者ではまず希望する白さを聞き取り、ホワイトニング治療を始めます。 近年ではオフィスホワイトニングよりもホームホワイトニングを勧める歯科医師も増えていますが、患者様にホームホワイトニングを実行してもらう場合、細かなフォローが欠かせません。今後の歯医者は、そうしたフォロー体制を万全に整えるようになるでしょう。 一方オフィスで歯を白くしてもらう場合、自力で薬剤を塗布するよりも遥かに短時間で効き目が表れるのが良い点です。今後も歯医者で歯を白くしてもらいたいと願う患者様は増えて行くでしょう。

Copyright © 2015 いつまでも健康で美しい歯を保つためにはどうするべきか All Rights Reserved.
Designed by:www.alltemplateneeds.com Images from: http://wallpaperswide.com www.photorack.net